「まん延防止」初日夜の人出 沖縄を除き減少[2021/04/13 11:17]

 東京などに「まん延防止等重点措置」が適用されて初日となった12日夜の対象地域の歓楽街への人出は、沖縄を除いて減少したことが分かりました。

 携帯電話の位置情報のデータによりますと、午後8時台の各地の人出は1週間前に比べて新宿・歌舞伎町で12.9%、渋谷・センター街で8.5%、京都・河原町で19.2%減少した一方、那覇市の松山地区では27.5%増加しました。

 まん延防止措置の対象地域では自治体が飲食店に対して営業時間を午後8時までとするよう要請しています。

 一方、5日から適用対象となった大阪・兵庫・宮城の歓楽街への12日の人出は1週間前よりも減少しました。

こんな記事も読まれています