“緊急事態”初の平日 東京の通勤わずかな減少[2021/04/27 11:37]

 3度目の緊急事態宣言から最初の平日だった26日朝の通勤の人出は1週間前に比べて東京ではわずかな減少にとどまったことが分かりました。

 携帯電話の位置情報のデータによりますと、午前8時台の東京都心の人出は1週間前に比べて品川や新橋でほぼ同じとなったほか、新宿で6.4%、渋谷で4.8%とわずかな減少にとどまりました。

 一方、関西では大阪・梅田で21%、神戸・三宮で12%など東京に比べて大きな減少となりました。

 緊急事態宣言に伴って政府は経済界に出勤者を7割減らすよう要請していますが、テレワークなどの対応が十分に進んでいない実態が浮き彫りになっています。

こんな記事も読まれています