連休初日の人出大幅増加 観光地などで去年に比べ[2021/04/30 11:48]

 ゴールデンウィーク初日にあたる29日の各地の人出は最初の緊急事態宣言が出ていた去年に比べ、大幅に増えていたことが分かりました。

 携帯電話の位置情報のデータによりますと、午後2時台の人出は最初の緊急事態宣言が出ていた去年の4月29日に比べ、羽田空港で約3.3倍、東京駅で2.5倍、品川駅で1.6倍などターミナル駅や空港で大きく増えました。

 旅行や帰省に向かう人が増えたためとみられます。

 各地の観光地でも京都駅周辺で2.4倍、金沢駅で2.3倍、沖縄の那覇空港の周辺では6.9倍など大幅に増加しています。

 政府はゴールデンウィーク中の不要不急の外出を控えるよう呼び掛けています。

こんな記事も読まれています