出勤時の人出減少も…「7割削減」ほど遠く[2021/05/11 11:57]

 緊急事態宣言の延長などが決まって初めての月曜だった10日の都内の朝の人出は、今回の宣言が始まる前と比べて減少していたことが分かりました。

 携帯電話の位置情報のデータによりますと、午前8時の都内の人出は、今回の緊急事態宣言が始まる前の先月23日と比較して、銀座で28.7%、新宿で18.5%、渋谷で7.7%、新橋で6%減少していました。

 大阪の梅田では17.9%、なんばで16.8%減少していました。

 政府は、緊急事態宣言で出勤する人の数を「7割削減」するよう求めていて、目標には程遠い状況です。

こんな記事も読まれています