東芝、2年ぶり黒字化 株主対話を強化へ新組織設置[2021/05/14 20:40]

 電機大手の東芝は株主との対話を強化するため、社外取締役だけで構成する新たな組織を設置すると発表しました。

 東芝の今年3月までの1年間の決算は純利益1139億円となりました。

 構造改革などの効果で2年ぶりに黒字に転換しました。

 合わせて社外取締役のみで構成する「戦略委員会」を新たに設けると明らかにしました。

 株主などからの意見を聴取したり、買収提案を含めた事業・財務戦略を検討します。

 また、「執行役とは独立した立場で経営方針を検証する」と説明しています。

 さらに株主への追加の還元として配当金に1500億円を上乗せする方針も発表しました。

 東芝は外資系ファンドなど、いわゆる「もの言う株主」と対立していた車谷暢昭社長が4月に突如、辞任し、新経営体制での株主との信頼構築が課題になっていました。

こんな記事も読まれています