“マイ傘袋”推奨し使い捨て減らす試み 横浜高島屋[2021/05/27 17:46]

 濡れた傘を入れる使い捨ての傘袋の削減を目指します。

 横浜高島屋では濡れた傘を入れて持ち運ぶ傘袋の品数を例年の約2倍にあたる100種類に増やしました。

 雨の時に入り口などで配布する使い捨ての傘袋を年間約6万枚発注していて、少しでも減らそうと「マイ傘袋」の提案を始めたということです。

 高島屋では食料品売り場で使われるレジ袋の使用量も前の年に比べて9割近く減っていて、消費者のエコ意識の高まりがみられます。

こんな記事も読まれています