英のTPP加入手続き決定 EUに匹敵する経済圏誕生へ[2021/06/02 15:32]

 日本やカナダ、オーストラリアなどTPP(環太平洋連携協定)に加盟する11カ国は、イギリスの加入に向けた手続きを始めることを決めました。

 イギリスが2月にTPPへの加入を申請したことを受けて、加盟11カ国の閣僚級によるTPP委員会が今月2日に開かれました。

 委員会ではイギリスの加入に向けた手続きの開始を決めたほか、今後、作業部会を開いて具体的な品目や関税などについて交渉を行います。

 TPPに発足メンバー以外の国が加入を申請したのは、イギリスが初めてです。

 イギリスが参加すればTPP全体のGDP(国内総生産)は名目で約14兆ドルとなり、EU(ヨーロッパ連合)の15兆ドルに匹敵する経済圏が誕生することになります。

 西村経済再生担当大臣:「日英の経済関係の強化、戦略的な観点からも大きな意義がある。我が国としても英国の加入手続きの開始を歓迎している」

こんな記事も読まれています