海外ファンド誘致 すべて英語で相談 拠点が兜町に[2021/06/11 20:18]

 海外のファンドを日本に誘致するため、手続きをすべて英語で対応するサポートオフィスが東京・兜町に誕生しました。

 麻生財務大臣:「日本のなかでは日本橋兜町が金融の中心でもありますので、なるべく、こちらに近いところの方がいいと思っていました」

 金融庁は海外の資産運用会社などを日本に誘致するため、登録手続きなどにすべて英語で対応するサポートオフィスを東京証券取引所や証券会社が集まる兜町に構えました。

 麻生大臣は英語で対応する拠点を設けることで「海外から日本にエントリーするゲートになることを期待している」と述べました。

 菅総理大臣は施政方針演説で国際金融センターを目指すとしていて、政府として金融機能の強化を図る方針です。

こんな記事も読まれています