トヨタ、工場での脱炭素目標 2035年に前倒し[2021/06/11 20:20]

 トヨタ自動車は生産過程で排出される二酸化炭素の量を実質ゼロにする目標をこれまでの2050年から2035年に前倒すと発表しました。

 トヨタは2035年までに全世界の工場でCO2排出量、実質ゼロを達成するため、排出の多い塗装や鋳造(ちゅうぞう)などの製造工程に新しい技術を取り入れていくことを明らかにしました。

 例えば塗装自体をやめてシールに置き換えるなど、工程の見直しと設備の更新を進めます。

 併せて再生可能エネルギーの調達を増やすほか、水素の利用を進める計画です。

 自動車業界では脱炭素の目標達成に向けて車が走行するときのCO2の排出削減だけでなく、原料調達や製造など供給網全体でいかに排出を減らすかが課題となっています。

こんな記事も読まれています