接種後の副反応に備え? 解熱鎮痛剤の売り上げ増[2021/06/25 17:42]

 ワクチン接種の拡大で解熱剤の売り上げが急増しています。

 調査会社のインテージによりますと、高齢者のワクチン接種が本格化した5月半ば以降、解熱鎮痛剤の売り上げが増え始め、今月上旬には去年の約1.5倍になりました。

 65歳以上の女性による購入は去年の5倍近くになったということです。

 特にアセトアミノフェンを主な成分とする「タイレノールA」は4月と5月の出荷量が前の年の2.8倍に増えています。

 厚生労働省はワクチンの接種による腕の痛みや発熱などについてアセトアミノフェンに限らず市販薬を服用できるとして、製品ごとに対象年齢や用法・用量を確認するよう注意を呼び掛けています。

こんな記事も読まれています