“解除”初の日曜 西日本で人出大幅増 61.5%も[2021/06/28 11:28]

 9の都道府県で緊急事態宣言が解除されて最初の日曜日となった27日の各地の人出は西日本の繁華街で大幅に増加したことが分かりました。

 携帯電話の位置情報のデータによりますと、午後3時台の西日本各地の人出は、1週間前に比べて大阪・梅田で61.5%、なんばで43.1%、福岡・天神で33.2%、那覇・国際通りで50%と大幅に増加しました。

 一方、東京の都心では渋谷で9.5%、秋葉原で12.7%と増加したほか、新宿や銀座は先週からほぼ横ばいでした。

 東京では8日連続で新型コロナウイルスの新規感染者数が前の週を上回っていますが、外出の抑制にはつながっていないとみられます。

こんな記事も読まれています