クッキー焼く適温は? 小学生がプログラミング授業[2021/06/28 17:35]

 小学生がプログラミングで家電を動かします。

 トースターで焼いているのはクッキー。

 目的はプログラミングでトースターの温度や時間を設定し、好みの焼き加減を探し出すことです。

 パナソニックは参加者が家電を使ってプログラミングを学ぶ授業を実施しました。

 参加者(小4):「少し温度が違うだけで食感が違ったり味が違ったり、プログラミングを現実に置き換えてできると実感した」

 プログラミングは小中学校で必修科目となっていますが、パナソニックはこのような取り組みの事業化を目指しています。

こんな記事も読まれています