法人税最低税率「15%以上」で合意 OECD加盟国など[2021/07/02 12:19]

 OECD(経済協力開発機構)の加盟国を含む130の国と地域が法人税の最低税率を「15%以上」とすることで大枠で合意しました。

 OECDは1日、オンライン会合で国際的な課税ルールについて議論し、法人税については最低税率を「15%以上」とすることで、大枠で合意しました。税率の引き下げ競争に歯止めを掛けます。

 また、いわゆるデジタル課税についても、売上高が約2兆6000億円、利益率が10%を超えるグローバル企業を対象とすることで、大枠合意しました。

 10月にも最終合意し、2023年からの実施を目指します。

こんな記事も読まれています