クセが強すぎ!?「パクチー自販機」想像以上の人気[2021/07/19 19:15]

 ちょっと好き嫌いが分かれる「あれ」の自動販売機が話題となっています。想像以上の売れ行きだそうです。

 千葉県八千代市に癖が強すぎると話題の自動販売機が…。聞けば、へんぴな場所にあるにもかかわらず、週末は売り切れになる商品もあるそうです。

 購入客:「ちょこちょこ買っている。何だろうと思って来てみたらパクチーで、パクチー好きだから買ってみようと思ったらおいしかった」

 そう、実は癖が強い“パクチー”の自販機です。

 この日は7種類をラインナップ。「パクチーを練り込んだお菓子」や「パクチーのパン」と実に多彩。

 一番人気はチーズ入りの「パクチーペースト」。

 初めて利用するという親子。

 母親(40代):「パクチー好きです」「息子はすごく好きではないので、(食卓に出るのが)週2、3回くらい」

 よほど気に入ったのか、商品を5つも購入。

 母親(40代):「この自販機良いと思います。好きな時に買えるので」

 パクチー自販機を設置したのは“パクチー姉さん”こと立川あゆみさん(47)。

 “パクチー姉さん”こと立川あゆみさん:「コロナ禍で、飲食店への流通が減ってしまって。ホントに…。7割以上減ったなかで、個人のお客様へも届けていきたいなと思うところがあって」

 そこで去年9月に直売所をオープン。

 さらに今年の3月から“パクチー自販機”を設置したところ、パクチー好きな人たちの心に刺さったといいます。

 “パクチー姉さん”こと立川あゆみさん:「良い時で一日5万円くらい売れる感じ。想定以上です」

 “パクチー姉さん”のやる気を家族がバックアップしています。

 母・高橋とき子さん(68):「親馬鹿で手伝っています。暇な時は。ハハハッハ!」

 妹さんも、さらにそのお友達まで駆り出されています。

 妹・佐藤真理子さん(39):「完全に巻き込まれております」

 “パクチー姉さん”には1つだけ悩みの種が…。

 妹・佐藤真理子さん:「お父さんだけ嫌いなんだよね。パクチーが」「ちょっとパクチー落ちているだけで怒ったりする」

 癖が強すぎるパクチー自販機。ハマると癖になること請け合いです。

こんな記事も読まれています