感染者4000人超も都内の人出減らず 18%増の所も[2021/08/01 15:15]

 東京都内の一日の感染者数が4000人を超えた先月31日、新宿・歌舞伎町や銀座では先週よりも人出が増えていました。

 携帯電話の位置情報データによりますと、31日の午後3時台の人出は前の週の同じ時間帯に比べて新宿・歌舞伎町で13%、品川駅周辺で18%、銀座駅周辺で10%それぞれ増えていました。

 今月2日から緊急事態宣言の対象となる埼玉・浦和駅周辺では17%、大宮駅周辺では18%減っていました。

 一方、千葉駅周辺では横ばい、横浜駅周辺では6%、江の島では63%増えていました。

 同じく2日から緊急事態宣言の対象となる大阪・梅田駅周辺はほぼ横ばい、まん延防止等重点措置の対象となる京都駅周辺では13%減った一方、神戸・三ノ宮駅周辺では2%増えていました。

 政府は感染が急激に拡大していることに強い危機感を持って外出を控えるよう呼び掛けていますが、人出は思うように減っていません。

こんな記事も読まれています