温泉地で2〜5割人出増「まん延防止」追加地域の初日[2021/08/09 11:22]

 8日、新たにまん延防止等重点措置の対象に加わった地域では茨城県の水戸など市街地で2割ほど人出が減った一方、群馬県の伊香保温泉など行楽地では大幅に増えていました。

 携帯電話の位置情報データによりますと、午後3時台の人出は前の週に比べて茨城県の水戸駅周辺で20%、群馬県の中央前橋駅周辺で18%、熊本城周辺で24%減っていました。

 一方、栃木県那須町で39%、群馬県伊香保温泉では51%、静岡県熱海温泉で20%増えていました。

 福島や茨城、静岡など8県は8日からまん延防止等重点措置の対象に加わっていて、政府は不要不急の外出を控えるよう呼び掛けています。

こんな記事も読まれています