コンビニなど12のプラスチック製品の有料化を検討[2021/08/20 17:55]

 スプーンやハンガー、ホテルの歯ブラシまで有料化の対象を広げようとしています。

 政府はプラスチックごみを削減するために、レジ袋の他にプラスチック製品の有料化を検討しています。

 その対象として新たに、コンビニ店などで無償提供しているスプーンやストローのほか、クリーニング店のハンガー、ホテルの歯ブラシやくしなど、合わせて12のプラスチック製品を加える方向で調整していることが分かりました。

 ただ、今回の削減策は「有料化」だけではなく、受け取らなかった客へのポイント還元やプラスチック製品の軽量化など事業者が選択できるようにします。

 この案は来週に開かれる政府の有識者会議で議論されます。

こんな記事も読まれています