緊急事態宣言適用8道県 初日の人出は増加の地点も[2021/08/28 12:20]

 緊急事態宣言の対象地域の初日の27日の人出は1週間前に比べて岐阜や滋賀で2割前後減った地点がありましたが、三重や広島では増えた所もあります。

 携帯電話の位置情報によりますと、午後3時台の人出は1週間前の同じ金曜日と比べて北海道・札幌駅で4.8%、宮城県・仙台駅西で1.8%、岐阜駅で19%、愛知県・名古屋駅で14%、滋賀県・草津駅で25.7%、岡山県・田町駅で12%それぞれ減りました。

 一方で、三重県・津駅で6.2%、広島県・八丁堀駅は1%増えています。

 各自治体では緊急事態宣言の適用に伴って人の流れを減らすよう呼び掛けています。

こんな記事も読まれています