菅総理肝いり「デジタル庁」 課題も抱えきょう発足[2021/09/01 12:01]

 菅総理大臣、肝煎り(きもいり)の新たな省庁「デジタル庁」が1日に発足しました。遅れている行政のデジタル化などに取り組みますが、課題も抱えています。

 デジタル庁は霞が関から少し離れたIT大手「ヤフー」も入居するビルに入り本格始動します。

 デジタル庁はマイナンバーカードを使った行政手続きのオンライン化のほか、教育や医療などのデジタル化に向けて各省庁にまたがるシステム整備を進めます。

 新型コロナのワクチンの接種証明のデジタル化もシステムの構築はデジタル庁が担います。

 事務方トップの「デジタル監」には経営学者の石倉洋子氏が就任します。

 政府は当初、ITの専門家を起用する方針でしたが、実現しませんでした。

 職員は総勢600人ほどで、そのうち200人はIT企業など民間出身です。

 人事担当者からは「霞が関と民間で文化があまりにも違うため、カオスな状態からのスタートだ」という声が聞こえてきます。

 官民混成部隊で意思疎通やスピード感のある決定ができるかどうかがまず最初の課題となりそうです。

こんな記事も読まれています