韓国でブーム!即席“炒め麺”も…専門店で旅行気分[2021/09/14 11:32]

ちまたで話題の“ちょっといーな”情報を、日替わりで紹介する「新井恵理那のあら、いーな!」。

14日のテーマは「まるで旅行気分!海外食品専門店 韓国編」です。

海外旅行先として、不動の人気を誇る韓国。渡航が難しい今、少しでも韓国文化を楽しもうと、東京・新大久保が人気です。

その一角に、韓国食材を専門に扱う店「ソウル市場」があります。

紹介してくれるのは、韓国の大邱(テグ)出身、店員の宋信映(ソウ・シンヨン)さんです。

この店は「韓国の普通のスーパー。韓国に行かないと手に入らない商品を日本で販売しているところ」が特徴だといいます。

例えば、キムチを漬けるための調味料「イワシエキス」や、多くの種類のインスタント麺など、この店では、常時1000種類ほどの商品が並んでいます。

その中でも目に入るのが、韓国の屋台風コーナー。手作りの「トッポキ」や韓国風のり巻き「キンパ」など、本場の屋台に行った気分で食べられるものも購入できます。

■韓国で大流行!インスタント“炒め麺”

そんな「ソウル市場」にあるオススメ商品。まずは、本場・韓国でも話題のインスタント麺です。

日本でも今、大人気の「ブルダック炒めラーメン」。特徴は、炒め麺であるということです。

韓国は一人当たりの年間消費量が世界一とインスタント麺大国なのですが、そんな韓国で近年ブームとなっているのが、この汁のない炒め麺なのです。

作り方は麺をゆでて、お湯を少し残して捨てたら、液体のソースを入れた後に、炒めて完成です。

麺がもちもち。しかしというか、やはり辛い!この辛さこそ人気の秘訣なのです。

宋さんは「今(韓国の)若い人たちは、結構辛いもの好きなんですね。韓国の人にも、これは辛いラーメンです。病み付きになる!」と話します。

この店では、5種類の辛さから選んで購入できるので、自分に合ったものを楽しめます。

■韓国の定番&万能“調味料”

続いては、韓国の定番、万能調味料といわれる「サムジャン」。韓国の調味料というと辛そうですが、「甘辛い」「うまみを感じる」味です。

韓国味噌とコチュジャンに加え、ニンニクやタマネギなどの多くの食材が、うまみを感じさせるのです。

店内にも多く並ぶサムジャン。「基本的に、肉を食べる時」は、サムジャンがあれば、料理がおいしくなるといいます。

日本でもおなじみ、サムギョプサルに付けて食べるのが、定番です。サムジャンの甘辛さと豚肉がとても合います。

葉物野菜で、ご飯を巻いて食べる「サンパ」の味付けとしてもオススメだそうです。

■韓国の国民食!?定番“おやつ”

最後は、観光客にも人気の定番おやつ「ホットク」です。冷凍で売られています。

韓国屋台スイーツの代表格といわれ、旅行の際に食べ歩く人も多いホットクは、もちろん現地の人にも定番商品です。

宋さんは「(韓国)国民で食べたことがない人はいないと思う。値段も場所も、全部が手に入れやすい」と話します。

どんなものかというと、シナモン入りの黒砂糖を生地で包み、たっぷりの油で焼き目が付くまで焼いて、平らに押し潰したおやきのようなものなのです。

おうちで楽しめるこの商品は、レンジで温めるだけ。韓国屋台風に手で持って頂きます。

もちもちです!これがおうちで食べられるなんて、最高ですね。

(「グッド!モーニング」2021年9月14日放送分より)

こんな記事も読まれています