「ノンアル日本酒」売り上げ急増 辛口仕様も新展開[2021/09/15 17:50]

 新型コロナウイルスの影響で「ノンアル日本酒」の売り上げが伸びています。

 酒造メーカー大手の「月桂冠」はおととしからノンアルコールの日本酒を販売していますが、去年12月の時点で売り上げが3倍になり、その後も増加傾向です。

 健康志向による需要の高まりに加えて緊急事態宣言による飲食店でのアルコール提供自粛が押し上げの要因になったとみられます。

 ノンアルコールの日本酒について、月桂冠ではこれまで甘みを感じるタイプを販売してきましたが、需要の高まりを受けて辛口タイプを新たに展開しています。

こんな記事も読まれています