ロボットが団地に日用品配達 高齢者のサポート狙い[2021/11/03 19:25]

 団地のなかをロボットが自動走行して荷物を届けます。

 ロボット開発ベンチャーの「テムザック」などは、ロボットを使って団地内のそれぞれの建物まで日用品を配達する実証実験をしました。

 荷物を受け取ったロボットは、衛星などから得た高精度な位置情報をもとに目的地まで自動で走行します。

 外出が難しい高齢者などの買い物をサポートするのが狙いで、ロボットには人が乗ることも可能だということです。

 団地以外でも病院や空港、遊園地のほか、道が狭く車が入りにくい観光地などでの活用も目指します。

こんな記事も読まれています