石油元売り会社に補助金方針 小売り価格上昇抑制へ[2021/11/16 19:07]

 原油高騰を受けて政府はレギュラーガソリンの価格が1リットルあたり170円を超えた場合に石油元売り会社に補助金を出す方針を固めました。

 萩生田経済産業大臣は石油製品の高騰を抑制するために石油元売り会社を支援する方針を明らかにしました。

 政府関係者によりますと、石油元売り会社に1リットルあたり5円を上限に補助金を出すことを検討しています。

 補助金はレギュラーガソリン全国平均価格が1リットルあたり170円を超えた場合を想定しています。

 ガソリンスタンドなどが小売価格をさらに値上げする動きを抑えようとする狙いです。

こちらも読まれています