大手損保3社 9月中間決算で大幅な増収増益[2021/11/20 06:23]

 大手損害保険3社の9月の中間決算が出そろい、2社が最高益を更新するなどいずれも大幅な増収増益でした。コロナ関連の保険金支払いが減り資産運用が好調でした。

 純利益は、東京海上ホールディングスが去年の同じ時期と比べて4.3倍余り(2692億円)、またSOMPOホールディングスはアメリカの企業の株式売却益などでおよそ3.3倍(1307億円)でした。

 いずれも中間決算として過去最高益でした。

 さらにMS&ADホールディングスは29.2%(1248億円)増え、おととしに次いで過去2番目でした。

 3社とも、コロナ禍からの世界的な経済回復に加え、国内で災害が少なくコロナの影響で交通量が減少して事故も減り、保険金の支払いが減ったことなどが要因です。

こんな記事も読まれています