【SDGs】女性の自立を助けるかぎ編みバッグ[2021/12/21 07:00]

セブ島の土産物店で売られていた、3つで約2000円のカゴバッグ。
安く買えて嬉しいはずが「作り手は、正当な賃金をもらっているのだろうか?」とフィリピンの女性たちの身の上が気になった関谷里美さん。
そこで、現地の女性たちにかぎ編みの技術を伝授した上で、バッグ作りを依頼。
彼女たちが正当な対価を得ることができる支援の仕組みを確立させました。
たった一本のかぎ針で女性たちの未来を切り拓いた、関谷さんの思い描く未来とは?
(2021年12月20日放送『しあわせのたね。』より)
毎週月曜深夜放送 ※一部地域を除く

こんな記事も読まれています