SBI 新生銀行の上場を廃止し公的資金返済も検討[2021/12/22 19:55]

 インターネット証券大手のSBIホールディングスは連結子会社化した新生銀行の上場を廃止し、国から注入された公的資金について保有資産などを活用した返済を検討する考えを示しました。

 SBIホールディングス・北尾吉孝社長:「株価と3500億を切り離すと」

 SBIの北尾社長は新生銀行に注入された公的資金の返済方法について、国が持つ新生銀行の株式の売却ではなく、保有資産などを活用する選択肢があると明かしました。

 国は3500億円の公的資金を注入し、新生銀行の株式の約20%を保有するようになりました。

 国が損失を出さない形で売却するには現在の株価を4倍近く上げる必要がありますが、北尾社長は大幅な上昇は困難だとしています。

こんな記事も読まれています