AIが卒アルをレイアウト 保護者らの作業負担を軽減[2022/01/04 19:04]

 保護者や教職員の負担が減りそうです。

 写真販売システムを運営するエグゼックは、卒業アルバムを作成する新しいサービスを提供しています。

 運動会や修学旅行など数ある写真のなかから、生徒の顔をAI(人工知能)で自動で認識し、生徒の写真の数を均等にレイアウトすることができます。

 教職員や保護者、写真館などが手作業に頼っていた卒業アルバム作成の負担を減らせるということです。

 卒業アルバム作成に携わる保護者:「『この子であっているよね』と確認しながら、正の字で確認していたが、(今は)顔写真の所に数が出るのですごくやりやすくなりました」

 マスクをしていても顔の識別が可能だということで、このシステムを利用する学校は2020度の2.3倍に増えています。

こんな記事も読まれています