高齢者と若者の“接触回避”求める 新たな対策案[2022/02/04 11:49]

 4日午後に開かれる政府の新型コロナ対策分科会で示される感染対策案が判明し、重症化リスクの高い高齢者に若者との接触をできるだけ避けるよう求めることが分かりました。

 対策案では学校や保育所、高齢者施設、事業所に分けて感染防止策が示されています。

 オミクロン株の感染の特徴について、飛沫(ひまつ)や換気の悪い場所での感染が多いこと、子どもが感染しやすくなっていること、高齢者を中心に感染をきっかけにして基礎疾患を悪化させる人が多いことなどを挙げています。

 そのうえで、高齢者は無症状でも病原体を保有するケースが多い若者との接触を避けることや、2歳以上の子どもは可能な限りマスク着用をすることなどを求めています。

こんな記事も読まれています