「中小企業にメリットなし」日商会頭が円安ドル高に懸念[2022/04/07 23:28]

 一時、急速に進んだ円安ドル高について、日本商工会議所の三村会頭は「デメリットが大きい」と懸念を示しました。

 日本商工会議所・三村明夫会頭:「海外輸出をほとんどやらない、海外事業をやっていない中小企業にかかわらず、中小企業にとって円安はメリットはほとんどない。デメリットの方が大きい。一般の消費者にとっても全く同じようなことが言える」

 三村会頭はさらに、「円安が輸出企業の賃金引き上げや設備投資につながればいいが、今は生産も増やせていない。原料価格が上がったため、メリットを受けられない」と指摘しました。

 そのうえで「アメリカが金融を引き締めるなか円安をどう回避するか難しい。タイミングとやり方を考えなければいけない」と述べました。

 円安を巡っては日銀の黒田総裁が「全体としてプラスに作用するという基本的な認識に変わりはない」との見解を示しています。

こんな記事も読まれています