東芝「会社2分割案」検討を中断 特別委員会設置へ[2022/04/08 07:36]

 東芝は「企業価値を高めるため」としていた会社を2つに分割する方針などを中断すると発表しました。いわゆる「モノ言う株主」の声に押されて戦略の見直しを迫られた形です。

 東芝の「会社2分割案」は、先月の臨時株主総会で大株主の海外ファンドが「株式の非公開化の検討を求める」などとして反対多数で否決されました。

 これを受けて東芝は分割案の検討を一時中断し、特別委員会を設置すると発表しました。

 分割を前提としていたエレベーターや照明事業の売却も中断します。

 特別委員会では、株式の非公開化や買収提案などについて検討することにしていて、その進捗状況や新しい事業計画は6月の定時株主総会の前に発表する予定です。

こんな記事も読まれています