東芝「量子暗号サービス」試験提供 商用化は世界初[2022/04/27 12:04]

 東芝は「究極の秘匿通信」といわれる量子暗号技術を使った世界初の商用化に向けた通信サービスをイギリスで始めました。

 現在の暗号技術では将来解読するコンピューターの性能が上がった時に安全性が脅かされる恐れがあります。

 量子暗号通信はスーパーコンピューターの計算能力を超える量子コンピューターでも解読できず「究極の暗号」と期待されています。

 東芝はイギリスの大手通信事業者BTグループと共同で26日から量子暗号通信の無償サービスを始めました。

 商用化されれば世界初です。

 最初の顧客はコンサルティングなどを行う企業で、ロンドンの2つの拠点でデータ転送を予定しています。

 量子技術は欧米や中国を中心に開発が盛んで競争が加速しそうです。

こんな記事も読まれています