ANAホールディングス 2021年度決算 1436億円の最終赤字 水際対策の緩和求める[2022/04/28 23:32]

 ANAホールディングスが発表した2021年度の決算は1436億円の最終赤字となりました。最終赤字は2年連続です。

 ANAホールディングスの2021年度の決算は1436億円の最終赤字となりました。

 今年度は需要が回復して黒字に転換するという見通しを発表しました。

 ANAホールディングス・芝田浩二社長:「(入国者の上限を)1万人まで広げたことについては大変感謝をしているが、この制限をもう少し2万なり3万なり、最終的には撤廃に持ってきて頂きたい」

 会見した芝田社長は国際線の需要が回復傾向にあることから、入国できる人数の制限や入国時の検査の緩和、観光目的での入国を許可する必要性などを訴えました。

こんな記事も読まれています