大手損保が「月保険」で支援 日本企業が月面探査へ[2022/05/04 12:42]

 月面探査を支援する保険の提供を日本の損害保険会社が始めました。

 日本の宇宙開発企業「ダイモン」が今年、民間企業で世界初となる月面探査に使う車両「ローバー」です。

 手のひらサイズで、重さおよそ500グラム、月までの輸送費は5000万円ほどかかります。

 損害保険大手の東京海上日動は、国際宇宙保険市場大手のBeazley社と連携し「月保険」の提供を始めました。

 故障などで探査できなくなった場合、ローバーの製造費や月までの輸送費などを補償します。

 月保険は、三井住友海上も提供を目指しています。

 月面では、資源探査が期待されています。

こんな記事も読まれています