「生理の貧困」解消へ 商業施設などで無料配布実験[2022/05/09 12:07]

 経済的な理由などで生理用品を入手できない「生理の貧困」が課題となっていますが、大型ショッピングモールで無料配布する実証実験が始まりました。

 イオンモールは、生理用のナプキンを無料で配布する実証実験を複数の店舗で実施します。

 生理用品が入手できない問題は新型コロナの影響で表面化し、生理用品の金銭的な負担を「重く感じる」と回答する人が55%に及ぶ調査もあります。

 実証実験は、全国5つの都市9カ所で行われ、大阪の南海電鉄のなんば駅にも、駅のホームとしては国内で初めて設置されます。

 サービスを提供する医療ベンチャーのネクイノは、年内にも本格稼働することを目指しています。

こんな記事も読まれています