【SDGs】料理人の腕で食の“もったいない”を解消[2022/05/14 10:00]

市場で買い手がつかなかった魚を仕入れ、美味しく調理・提供している池田保和さん。
豊洲市場において、サイズが規格外、一般的な魚でないなどの理由で、売れ残る魚は年間数十億円。
あまりにももったいない魚を、どうにか救いたい、治したいという願いを込め、「魚治」が誕生しました。
規格外であっても味は変わらず、調理法次第で美味しく生まれ変わります。
そんな正しく還元できる仕組みを作り実践する池田さんが思い描く未来とは?
(2022年5月14日放送『しあわせのたね。』より)
毎週土曜 午前9時55分放送 ※一部地域を除く

こんな記事も読まれています