「新しい資本主義」実行計画案まとまる[2022/05/31 22:33]

 岸田総理大臣の目玉政策「新しい資本主義」の実現に向けた実行計画案が取りまとめられました。「人への投資」が柱の一つとなっています。

 岸田総理大臣:「市場だけでは解決できない外部性の大きい社会的課題について、この課題をエネルギー源と捉え、新たな成長を図ります」

 新しい資本主義は気候変動や経済格差などの社会的な課題の解決を経済成長につなげる狙いがあり、実現のために「人」や「デジタル」「スタートアップ」などに重点的に投資を行うとしています。

 具体的には個人の貯蓄を投資に振り向けるための「資産所得倍増プラン」やスタートアップ企業を10倍に増やす計画の策定などを掲げました。

 政府は6月上旬に閣議決定する方針です。

こんな記事も読まれています