“デジタル証券取引”見据え 新たな株式売買始まる[2022/06/27 12:20]

 日本で初めてのデジタル証券取引所の創設を目指して、既存の取引所を通さないシステムでの株式の売買が始まりました。

 27日から始まった証券売買システムは、東京証券取引所など既存の取引所を通さずに株式などの売買を行います。

 来年春にも始まるとみられる小口の投資や、即時決済などが可能なデジタル証券の売買を見据えて、取引が始まりました。

 SBIホールディングスや三井住友フィナンシャルグループなどが出資する大阪デジタルエクスチェンジは、取引のおよそ9割が集中している東証以外の選択肢を提供し、海外の取引所との連携も進める方針で、個人投資家などを呼び込む考えです。

こんな記事も読まれています