食用米の生産量 初の700万トン割れへ[2022/07/27 23:46]

 農林水産省は、今年生産される食料用の米の生産量が初めて700万トンを下回り、過去最低となる見通しだと発表しました。

 農水省によりますと、今年の食料用の米の生産量は675万トンの見通しで、比較可能な2004年以降、初めて700万トンを下回るということです。

 7月から1年間の需要量も692万トンで、700万トンに届かない見通しです。

 食料用の米を飼料用や麦、大豆などに転換する動きが進んでいるためだとしています。

 一人あたりの年間消費量は1962年のピーク時にはおよそ118キロでしたが、今年はおよそ55キロと半分以下に減っています。

 少子高齢化や食の多様化が主な要因とみられています。

こちらも読まれています