中小企業中心に食事補助が急増 賃上げの代替策としても活用[2023/03/23 11:58]

 大企業で賃上げが相次ぐなか、雇用の7割を占める中小企業を中心に従業員への食事補助が急増していることが分かりました。

 食事補助サービス「チケットレストラン」は、会社が従業員の食費の半分を負担する仕組みです。

 導入した2000社以上のうち半数以上を中小企業が占めています。

 23日からは料理宅配サービス「Uber Eats」との提携が始まり、利用できる飲食店などは、25万店に拡大しました。

 運営会社によりますと、物価高が加速したこの半年間の新規利用者は2.6倍に増えました。

 一定額まで課税されず、賃上げの代替策としても活用されているということです。

こちらも読まれています