ソニーグループ 映画やアニメなど知財を積極活用 制作者の育成組織も検討[2024/05/23 12:17]

 映画やアニメなどコンテンツ産業の市場拡大が続くなか、ソニーグループは知的財産の活用戦略を発表しました。

 ソニーグループは、世界的に知られる映画やアニメ、ゲームなど多様なIP=知的財産を持っています。

 十時社長は「IPの価値を最大化する」と述べ、制作者の労働環境と効率の改善を図るとともに、アニメ産業などで海外に育成組織の設立を検討していると明らかにしました。

 コンテンツ産業の世界の市場規模は、来年には1.3兆ドルになると推計されています。

こちらも読まれています