「貧困」無くす新たな取り組み 生理用品を無償提供[2021/09/17 17:49]

 ショッピングモールで生理用品を無償提供します。

 新型コロナの影響で経済的に困窮する学生が増えるなか、1カ月あたり数百円の生理用品を買うのに苦労した経験がある若い女性はおよそ5人に1人に上ります。

 こうした「生理の貧困」の問題を解消しようと、新たな取り組みが始まっています。

 「ららぽーと富士見」では生理用品を25日間で最大7枚無料で取り出せるサービスを始めました。

 ディスプレーに流れる広告費で賄われていて、他の施設での導入も検討されています。

こんな記事も読まれています

Copyright© tv asahi All rights reserved.