杭州市で顕著…中国鳥インフルで新たに5人感染確認[2013/04/21 00:20]

 中国で鳥インフルエンザの感染者が新たに5人確認されました。また、治療中の男性が死亡し、死者は合わせて18人になりました。

 新たに感染が確認されたのは、浙江省杭州市の56歳と37歳の男性と35歳の女性、それに上海市の75歳の女性、さらに江蘇省の43歳の男性です。いずれの感染者も現在、病院で治療を受けているということです。また、今月18日に感染が確認され、治療を受けていた杭州市の69歳の男性が20日に死亡しました。中国当局が発表している感染者はこれで96人、死者は18人になりました。ここ数日、杭州市の住民の感染がほかの地域と比べて顕著になっていて、20日までの5日間で14人の感染が確認されています。

写真提供:国立感染症研究所