ホワイトハウスに中国関連の陳情が急増![2013/05/10 16:34]

 ホワイトハウスがアメリカ国民からの陳情を直接受けつけるためのウェブサイトに、中国で起きた事件の解決を求めるなど中国の国内問題に関するものが目立ってきています。

 このウェブサイトには、30日以内に150以上の署名を集めた案件が掲載されています。最近は国外の問題も増えていて、特に中国語の書き込みや中国の国内問題に関する陳情が増えています。例えば、1995年に北京の清華大学の学生に毒が盛られた事件で、容疑者がアメリカに逃れているので調べてほしいという訴えは、すでに14万2000人を超える署名を集めています。中国人とみられる署名も多く、自分の国の問題解決をアメリカ政府に依頼する異例の状況となっています。基本的にこのウェブサイトに掲載されてから30日以内に10万人以上の署名があれば、アメリカ政府からの回答が掲載されるということです。