サハリン近海でM8.2の地震 モスクワでも“揺れ”[2013/05/24 16:23]

 気象庁によりますと、24日午後2時47分ごろ、サハリン近海でマグニチュード8.2の地震がありました。

 震源は北海道沖約2100キロの地点とみられます。サハリン・クリル地区では一時津波警報が発表されましたが、今は解除されています。ロシアの現地メディアは、モスクワでも揺れを感じたと伝えていますが、緊急事態省は、この地震によるけが人や被害はないとしています。

こんな記事も読まれています