元CIA職員巡り…米の抗議は「筋違い」中国が反論[2013/06/25 20:53]

 アメリカ政府による個人情報の収集を暴露した元CIA=中央情報局職員の出国を香港と中国が容認したと、アメリカが抗議したことを受けて、中国外務省は「筋違いだ」と反論しました。

 中国外務省・華春瑩副報道局長:「香港政府が法律にのっとって対応していることに、アメリカが疑問を呈しているのは筋違いだ。また、アメリカの中国に対する指摘も根拠に欠けている。中国が、それを受け入れることは到底できない」
 中国外務省の華副報道局長は、元CIA職員のエドワード・スノーデン容疑者の出国に中国政府が関与したとの指摘について、「香港政府の対応は、非難すべきところが全くない。関係国は尊重すべきだ」と述べ、直接的な関与を否定しました。一方、アメリカが一連の情報収集行為は違法ではないと主張していることについて、「中国はあらゆるネット攻撃に反対だ。ダブルスタンダードを取ることにも反対だ」と批判しました。

The Guaedian、Glenn Greenwald and Laura Poitras

(C) CABLE NEWS NETWORK 2013

こんな記事も読まれています