“ケネディ駐日大使”正式決定 「日米の絆に」[2013/10/17 14:34]

 暗殺されたケネディ大統領の長女、キャロライン・ケネディさん(55)がアメリカ議会で次の駐日大使に正式に指名されました。

 アメリカ議会上院は16日、キャロラインさんを駐日大使に起用する人事案を全会一致で可決しました。キャロラインさんは、名門のハーバード大学とコロンビア大学院を卒業後、弁護士や作家として活動し、5年前の大統領選挙では、多額の選挙資金を提供するなどしてオバマ大統領の当選に大きく貢献したことで知られています。キャロラインさんは、先月の議会公聴会で「父親のケネディ大統領の遺志を継いで日米の絆となりたい」などと抱負を語っています。キャロラインさんは初の女性駐日大使として、来月半ばにも着任する見通しです。