国連本部で異例の日本酒「利き酒イベント」[2013/11/02 11:49]

 日本政府も後押しする日本酒の海外展開のため、国連本部で異例の利き酒イベントが開かれ、世界の外交官たちを酔わせました。

 ニューヨークの国連本部で初めて、各国の大使や外交官らを相手に日本酒を紹介するイベントが開かれました。安倍政権が進める「エンジョイ・コクシュ(国酒)・プロジェクト」の一環として、国連の日本政府代表部と日本各地から集った48の蔵元が自慢の吟醸酒を振る舞いました。
 利き酒の参加者:「最高のアイデアだよ、皆が楽しんでいる。升酒を飲んだことがある。おいしいね」
 日本酒の輸出は去年、89億円規模にまで拡大しましたが、3兆円近いワインの世界貿易額にはまだ及びません。

こんな記事も読まれています