ニューヨークの通勤路線で列車が脱線 4人死亡[2013/12/02 05:50]

 ニューヨークで列車が脱線・転覆しました。少なくとも4人が死亡し、60人以上がけがをしています。

 (中丸徹記者報告)
 列車は、大変きついカーブを曲がっていて脱線しました。先頭車両は川に落ちる寸前で止まりました。ニューヨークの近郊を午前6時前に出発した電車は、マンハッタンの中心のグランドセントラル駅に向かっていた8両編成の列車でしたが、午前7時すぎに脱線事故を起こしました。
 事故現場付近の住民:「小型の飛行機が墜落して地面にぶつかったんだと思ったよ。ボンッていう大きな音がしたからね」「きょうが日曜だったのが不幸中の幸いだよ。平日よりは乗客がずっと少ないからね」
 原因はまだ分かっていませんが、乗客は「いつもよりスピードが出ていた」と証言しています。事故が起きたのは日曜日の朝の時間帯で、約100人の乗客が乗っていたということです。平日の朝であれば通勤客でいっぱいなため、倍以上の乗客が見込まれるということです。日本人も通勤に使うことでも知られていますが、現在、日本総領事館に日本人の死者・けが人が出ているという情報は入っていません。