4万回の落雷が…巨大キリスト像の親指欠ける[2014/01/20 17:23]

 周辺では約4万回の落雷がありました。ブラジルの観光名所として知られる巨大なキリスト像に雷が直撃。右手の親指が…。

 リオデジャネイロは16日、激しい嵐に見舞われ、約4万回の落雷がありました。翌朝、観光名所として知られるコルコバードの丘の上に立つ高さ約40メートルのキリスト像の右手の親指が欠けているのが見つかりました。夜の間に雷に打たれて被害を受けたとみられます。修復作業は来月に行われる予定で、教会が保管している1931年の建立時に使ったものと同じ石が使われる予定です。キリスト像への落雷は頻発していて、先月も右手の中指が欠けたばかりでした。

こんな記事も読まれています