天安門事件の討論会で拘束 中国当局が3人だけ釈放[2014/06/06 17:46]

 中国当局に拘束されていた学者ら3人が釈放されたことが分かりました。

 関係者によりますと、5日に釈放されたのは、先月、天安門事件に関する討論会を開いたことが「騒動挑発」容疑にあたるとされた5人のうち、元社会科学院の学者である徐友漁氏ら3人です。天安門事件から25年となる4日が過ぎたことで釈放された形です。しかし、同時に拘束された人権派弁護士の浦志強氏ら2人は拘束されたままだということです。2人を知る関係者は「拘束がさらに長引き、刑事手続きに進む可能性もある」と懸念しています。

「ボイス・オブ・アメリカHPから」

こんな記事も読まれています